カテゴリー: その他

2018.08.30

蛍が真夏の風物詩だったのも今は昔。この地域では6月にホタル祭りがあったりします。

昔は普通に家の中に入ってきたりしたものですが、気密性の高い住宅では隙間から入ってくること自体ありえないことですし、そもそも蛍そのものがあまり見られませんね。

件の蛍祭りもいろいろと難しい問題があるようで、例えば虫よけスプレーを使っている人が意外と多いんだとか。蚊対策が必要なのは分かりますが、肝心の蛍をわざわざ遠ざけようでは本末転倒もいいところ。自制してほしいですね。

物思へば 沢の蛍も 我が身より あくがれいづる ()かとぞみる(和泉式部)

こんな世界をいつまでも共感できるといいですね。

ゴルフ

2018.08.27

人口減少は今の日本にとって非常に大きな問題です。様々な分野でその影響がみられますが、ゴルフ人口の減少もその1つです。

このところ年間100万円単位で人口が減少し、そのためピーク時には2兆円に手が届くくらいの市場規模でしたが、今はその半分程度になってしまいました。ゴルフ場がとても身近な存在である恵那市でも、その影響は小さくないはずです。

大きな理由は2つ。ゴルフ世代ともいうべき団塊の世代の高齢化と若い世代のゴルフ離れ。どちらも他の分野と共通する問題です。

団塊の世代でいうと、退職も大きな理由でしょう。会社の付き合いがなくなり、その分をプライベートで穴埋めというわけにはいきません。年金生活に入ってお金のかかる娯楽はなかなか厳しいでしょう。

何かとお金のかかる若年層はもっと深刻です。日常の業務に忙殺され、練習に行く時間を作ることすら容易ではありません。

そんなわけで日本各地では閉鎖したゴルフ場跡地に太陽光発電設備を設置するケースが多いんだとか。岐阜県もその例にもれず、約1年後には1万5000世帯分をカバーするメガソーラーが完成します。

これはこれでいいお話のようですが、やがてはそのメガソーラーも今のゴルフ場のような運命をたどることも充分ありえるわけで、土地を活用する事業の難しさを思い知らされます。

睦月~水無月~?~葉月~師走

2018.07.09

睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、と来て『はて7月は?』と悩んだことはありませんか? 8月以降は葉月、長月、神無月、霜月、師走とスラスラ出てくると思いますが。

7月は文月(ふづき)です。由来としては短冊で書道の上達を祈った七夕の行事からというのが有力です。文と書、近いようで遠い関係のように思いますが、「蛍の光」に登場する「フミ読む月日~🎵」のフミには「書」の字が使われていて、書=本のこと。「文読む」と勘違いして、手紙を読んでいると考えると「蛍雪の功」の故事との関係が全くわからなくなるのでご注意を。

願い事を書くというと身近なものに絵馬があります。初詣に行くと、時期的な理由もあるのでしょうが、受験生の合格祈願の絵馬がたくさん奉納されています。ところでこの絵馬は、もともとは本物の馬を奉納していたものが、絵馬に変わったのだそうです。なぜ馬なのか、それはさておき絵馬という制度となったのは正解ですね。原始時代の物々交換が、貨幣を媒介とした交換制度に変わったようなものです。

絵馬に願いを書くとき、そんなことに思いを馳せながら書くと、より高い効果が得られるかもしれませんね。

 

2045年に20倍になるもの

2018.06.25

2045年というと今から27年後、かなり遠い未来のことですが、その頃の恵那市はどうなっていると思いますか?

ある推計によれば人口は3万4千人くらいになるそうです。2015年の人口が約5万1千人なので、3分の1くらいの人がいなくなってしまうわけです。俄かには信じられませんが、そのくらい人口減少問題は加速化を強めています。

筆者が子供の頃、学校から支給された地図帳には恵那市の人口が3万4千人と記載されていました。もちろん市町村合併前の話です。

ということは合併前の旧恵那郡、つまり岩村町、山岡町、明智町、上矢作町、串原村、これら全てがなくなった状態に数十年の歳月を経て戻るようなもの。

さてそれを裏付けるかのように、昨年の1年でも400人強の人口減がありました。▲0.8%くらいの減少率です。しかし内訳をみると外国人の方は増えています。こちらは10%近い増加です。凄いですね。

仮に増加率10%が27年続くとどうなると思いますか? 何と約13倍にもなります。そうなると2045年には人口比率で25%くらいが外国人に。つまり4人に1人で、そこかしこで外国人を見かけることになります。現在が80人に1人くらいですから、人口濃度としては20倍に。

こうなると何かにつけて大きな変化を余儀なくされるのは間違いないですが、そういう変化を受け入れていく下地を早急に整備していく必要があるかもしれません。

 

近攻遠交

2018.06.18

ワールドカップが始まりました。連日連夜テレビやPCの前で大騒ぎしている方も多いと思います。日本もいよいよ初戦。監督交代等々不安要素の方が多いですが、こういう時こそ「雨降って~」を体現してほしいものです。

さて日本はグループリーグを、サランスク(コロンビア戦)、エカテリンブルク(セネガル戦)、そしてヴォルゴグラード(ポーランド戦)の3都市で戦いますが、中でも最終戦の開催地とその対戦相手には不思議な縁を感じます。

というのもヴォルゴグラードはその昔、スターリングラードと言いました。具ラードは「町」という意味なので、直訳すればスターリンの町です。スターリンについては皆さんの方が良くご存知でしょうが、第二次世界大戦中のソ連におけ最高の権力者です。

当然、当時の日本、そしてポーランドにとってスターリンとは多くの関わりがありました。特に陸地で国境を接していたポーランドにおいて、その存在の大きさは日本の比ではありません。

第二次世界大戦の開始はドイツがポーランドに侵攻したことがきっかけとされていますが、実はその少し後にソ連もポーランドに侵攻しました。これは意外と知られていません。

まあもともと国境を接しているのですから、長い歴史の中で戦争はつきもの。ポーランド自体ロシアの被支配下にあって世界地図から国の名前が消えてしまったことがあります。その間、実に150年近く。

そんな歴史もあってか、日露戦争で勝利した日本に対しポーランドは非常に好意的な感情を持っていると言われています。最近知られるようになったポーランド孤児のエピソードなどはその代表でしょう。

国旗も同じ赤と白の2色。試合が終わった後、結果はともかくとしてお互いに対するリスペクトがさらに深まればいいなと思います。

海外の日本祭り

2018.05.14

インターネット社会によって諸外国の事情が昔とは比べ物にならないくらいの速さと正確さで入手できるようになりました。動画サイトで日本語や日本文化を学んでいる外国の方も多いですね。

面白いのは海外の人たちが持つ意外な興味によって、日本人が気づかなかったものを自身が再発見すること。テレビでそういった種類の番組が増えているのも、日本人自身が日本のことで知らないことが沢山あるからかもしれません。

さてそんな日本再発見が出来る方法の一つが日本祭り。大きなものを幾つか挙げると・・・、

この中ではデュッセルドルフが注目ですね。間もなく開催されることもそうですが、既に昨年までに17回開催されていること、そして動員数が数十万人ということ、こういった数字が日本(的なもの)に対する関心の高さをうかがわせますね。

こういったイベントの様子は大手の動画サイトで見られるようですので、参加者になったつもりで見て下さい。意外な発見があると思います。

iDeCoって何ですか?~その3~

2018.05.07

個人型確定拠出年金制度には、様々な特典があります。その最たるものは「掛金全額が所得控除!!」でしょう。

所得控除というと、社会保険料控除や扶養控除があります。サラリーマンの方が年末調整時に提出する生命保険料控除もその仲間です。その控除の中に「小規模企業共済等掛金控除」というものがあります。

これは主に自営業者の方を対象とした「小規模企業共済」という確定給付型年金に加入している時に支払う掛金について、その全額がまるまる控除できるというもの。掛け金は最大で年間81万6千円まで掛けられますから、もし限界までで掛けたら大きな節税(所得税・住民税)になりますね。

仮に税率が10%だったとすると、10%分が還付されることになり、この時点で利回り10%の運用がいともたやすく達成できます。アパートの大家さんの節税対策でよく利用されているのも納得です。

これと同じことがiDeCoでも出来ます。つまり運用益ゼロでも節税分だけで利回り10%!と同じ効果が得られます。長期低金利が続く金融市場で、この利回りは本当に嬉しいですね。

iDeCo は、ある意味で日本人のお金に対する価値観を変える制度です。コツコツ預金を積み立てる、まずは元本保証ありきの金融商品選び、そんな考えが過去のものになるかもしれませんね。

 

iDeCoって何ですか?~その2~

2018.05.03

今回は前回の続きです。

「拠出」が確定している年金、この意味は支払う掛金が確定しているということです。その一方で公的年金とは違って、給付は「未確定」です。我々がイメージする年金とは明らかに違うものですね。

ではなぜこのようなことが起きるのかというと、どんな方法で運用するかが各加入者の任意だから。投資信託には、日本株式に重点を置いたもの、あるいは外国の国債に重点を置いたもの、あるいはその両者をミックスしたものなど、非常に多くの種類がありますが、同じ1万円を毎月かけ続けても、運用対象が異なれば、各自で大きな差が出ることも珍しくありません。

しかも原則として60歳まで引き出しできません。59歳までは掛金総額の3倍まで資産が膨らんでいたのに、1年後にいざ引き出そうとしたら元本割れ、そんな可能性もあります。もちろんその逆も。なかなか手ごわい年金ですね。

もっともスイッチングといって、運用対象を定期的に入れ替えることができます。先ほどの例でいえば、59歳のときにリスクの高いものから低いものにスイッチングすれば、1年後の悲劇は起きないわけです。

このような年金が導入された背景には、終身雇用制度の崩壊、若年労働者の減少、といった状況により企業年金制度の維持が出来なくなったことがあります。そのため転職を繰り返しても、自己年金を設計できるようにしたわけです。またこの制度を導入したアメリカ(401Kプラン)で株価が上昇している原因を日本で調べたところ、この制度によって労働者から多額の掛金が毎月株式市場に流れ込んでいたからとも言われています。(今から20年以上前の昔話です。)

確かに株式市場の動向に左右されず、毎月一定の運用資金が株式市場に流入する、これは株式市場にとってありがたいですね。必ず買ってくれる人がいるという安心感がありますから。結果的に制度加入者以外の投資家の資金も流れ込みやすくなり、株価の上昇が起きやすくなります。日本銀行が大量にETFを買っていることで株価の上昇が起きやすい(又は下落に歯止めがかかりやすい)のも同じ理屈です。

現役世代は自分の老後に公的年金がもらえるのかどうか大きな不安を持っています。この制度に加入すれば解決するわけではありませんが、転ばぬ先の杖の1つとして活用を検討したいですね。

 

 

はなこさん

2018.04.26

春の風物詩といえば、お花見を始めとした明るいイメージのものが思い浮かぶことでしょう。しかし光あるところに影ありで、マイナスのイメージのものもあります。

その最たるものの1つが花粉症です。花粉症といえばスギというくらい有名ですが、実際にはヒノキ、さらにはヨモギといったおよそ60種類の花粉が花粉症の原因になるそうです。ここまで敵が多いと完全に守り切るのは不可能ですね。

さてそんな国民病の花粉症対策のため、国(環境省)が花粉の飛散情報を公開しています。それが今回のタイトルでもある「はなこさん(・・・環境省花粉観測システム)」です。

はなこさん

このサイトでは1時間ごとに情報を更新しています。全国120か所の情報が見られるので、旅行先なんかの情報を知りたいときは重宝しますね。

ちなみに岐阜県の測定場所は2ヵ所で大垣市民病院と郡上総合庁舎。恵那市の皆さんからすれば参考程度の場所です。少しでも近いところとなると、お隣長野県の飯田合同庁舎でしょうか。そこのグラフを見ると今年は早い時期から結構な量の花粉が飛び散っていたみたいです。

 

 

日本人は働き者!?

2018.04.23

昔は60歳で定年退職、退職金と年金をもらって余生はのんびり、そんな人生設計が一般的でした。今は公的年金の受給開始年齢が65歳(60歳から繰り上げ受給できますが、大きく減額されます)になったこともあり、定年後から65歳までの収入確保が人生設計の一部になっています。

最近、興味深い数字が公表されました。まずは以下のデータをご覧ください。

  • 日本・・・・77.1%
  • ドイツ・・・61.5%
  • アメリカ・・59.6%
  • フランス・・27.5%
日本が他の先進国を圧倒していますね。実はこれ、60~64歳の男性の就業率。仕事があるからなのか、生活費を稼がないと生きていけないのか、理由は幾つか考えられますが、日本人が働き者なのは間違いないようです。ちなみに女性はというと・・・
  • 日本・・・・50.8%
  • ドイツ・・・50.8%
  • アメリカ・・48.5%
  • フランス・・28.3%
男性ほどではないにしろ、女性も働いている人が多いです。(フランスでは女性の比率の方が高いのが気になりますね。)

では65~69歳ではどうなると思いますか? 男性の場合で見てみましょう。
  • 日本・・・・53.5%
  • ドイツ・・・19.4%
  • アメリカ・・35.5%
  • フランス・・ 8.0%
日本人は本当に働き者ですね。いい意味でも悪い意味でも。このような数字をつきつけられると、ワーカホリックと呼ばれても不思議ではありません。

生涯現役、生き方の理想の1つですが、特殊な技能者を除いて、どこかでリタイアする節目を作る意識を持ちたいですね。